2006年06月16日

6/15 review!!

6月15日(木) 22:00 A エクアドル 3-0 コスタリカ
【得点者】
カルロス・テノリオ(前半8分)
アグスティン・デルガド(後半9分)
イバン・カビエデス(後半47分)

サッカーコスタリカが負けるとポーランドの予選敗退が決定するこの試合。
ドイツ相手に奮闘していた試合を見たので、コスタリカにはちょっと期待していたが、エクアドル強しパンチと思わせる試合になりました。
コスタリカは終盤に放ったシュートもポストに嫌われ、この試合は何だかついていない感じでしたね。
プレミアリーグにいたワンチョペ率いるコスタリカを何気に応援していましたが、エクアドルのチーム力に屈した形となりましたあせあせ(飛び散る汗)
それにしてもエクアドルはチームバランスが本当に素晴らしいですひらめき
これでドイツと共に予選突破決定目ぴかぴか(新しい)

ところでカビエデスってペルージャにいたカビエデスですよねexclamation&question老けたなあ〜あせあせ(飛び散る汗)

060616_01.jpg


6月15日(木) 25:00 B イングランド 2-0 トリニダード・トバゴ
【得点者】
ピーター・クローチ(後半38分)
スティーヴン・ジェラード(後半46分)

サッカー今回のWCで25:00スタートの試合を初めてLIVE観戦exclamation×2(おかげで今は眠い(睡眠)状態)
大勝を期待しLIVE観戦に臨んだが、前半は当てが外れるバッド(下向き矢印)
ロボットクラウチが超決定的なベッカムの柔らかいパスを、足が長いせいなのか全然違う方向にボレーがく〜(落胆した顔)
ベッカムは怒っていなかったようだが、この人はこんな感じむかっ(怒り)
060616_02.jpg

ランパードは前後半含めて終始ミドルがさえなかったバッド(下向き矢印)
代表だと力を出せないタイプなのかexclamation&question

ドワイト・ヨーク率いるトリニダード・トバゴは、そんなイングランドの攻撃を安定した守備で制するぴかぴか(新しい)
まあ思いっきりカウンター狙いだったが、それが意外にイングランドには効果的だった気がするパンチ
ところで全く関係無い話しだが、クラウチよりもデカイCBのローレンスの足の長さには驚いたがく〜(落胆した顔)
そんなトバゴ(どんなトバゴだ?)も、前半にあと少しでGOALexclamationと思わせるシーンを迎えるが、テリーが俊敏な動きで何とかクリアひらめき
点が入らないのは良かったが、その反面来シーズンもチェルシーは強固な守備なんだろうなあ〜と複雑な心境あせあせ(飛び散る汗)

そして我らがマンUのエース『ルーニー』ですが、前半はウォーミングアップに留まり出場は無し。
ルーニー自身かなり出たそうな雰囲気があり、そして不甲斐ないFW陣をみかねたサポーターがルーニーコールをしはじめるシーンを見て、「今日は出るんだろうな」と期待るんるん

後半に入ってもクラウチにロングボールを出すだけの単調な攻めを繰り返すイングランドは13分、我慢しきれずとうとうルーニーを投入左斜め上右斜め下
「きたきたぁ〜グッド(上向き矢印)
と、怪我明けどんなプレーを披露してくれるのかと、かなり注目していましたが、やはりルーニーも人の子。
怪我明けらしく、全然無理をしないプレーをしていました。ちょっと残念バッド(下向き矢印)
だが、怪我もせず試合を終えたので、ひとまず安心。次戦はもう少しパフォーマンスを上げてくるだろうexclamation

後半はルーニーと同時にピッチに登場した19歳レノンが右サイドを突破しまくる。とにかく速いダッシュ(走り出すさま)

「・・・・・・・・・、こいつ欲しいexclamation×2
と夜中に独り言。

そんなレノンにトバコの守備は集中し、前半よりも後ろに下がりレノンのおかげでスペースが空いたベッカムが後半38分、狙いすましたピンポイントクロスをクラウチへexclamation
クラウチこれを外したらあとがない、そんな状況の中、前半のミスを払拭する見事な先制ヘディングGOA〜Lexclamation×2
余裕の無さか、ロボダンスは見れずあせあせ(飛び散る汗)
「やるなら徹底してやってくれよexclamation×2」と言いたい。

これで試合終了かと思った後半ロスタイム、とうとう出ましたジェラードのミドルッexclamation×2exclamation×2
さすがのヒスロップもこれは取れない。って言うか、どんなGKでも無理。
左でもすごいの蹴れるんだね、ジェラード目ぴかぴか(新しい)

結果的には楽勝でしたが、オーウェンの突破が見れない・クラウチの決定力の低さ等、ルーニーも含めてFW陣の迫力の無さが、今後強豪相手への弱点になりそうです。

とりあえず、決勝T進出おめでとうるんるん

060616_03.jpg


6月15日(木) 28:00 B スウェーデン 1-0 パラグアイ
【得点者】
フレドリク・リュングベリ(後半44分)

サッカー見てない。
どうやら今大会はロスタイムまで目が離せない試合が多くなりそう。
個人的にアーセナルでかなりやっかいな存在と思っているユングベリが終了間際の後半44分に劇的な勝ち越しGOA〜Lexclamation×2でスウェーデンが今大会初勝利をおさめている模様。

ユングベリ、相変わらず勝負強いパンチ
Bグループはイングランド・スウェーデンが勝ち抜けるだろうひらめき

060616_04.jpg


とうとうルーニーがチェルシー戦骨折以来の復帰を果たした、めでたい日となりましたわーい(嬉しい顔)手(チョキ)
まだまだ、本調子ではないようですが、決勝Tまでには調子を上げてもらい、今大会初GOALを期待したいでするんるん

さて、今日は22時からアルゼンチン-ネグロ戦、25時からオランダ-ジボアール戦です。
・・・・・・・・・・・・・・・・、寝れないじゃんたらーっ(汗)


img_10_11834.gif ←今、何位かな?
posted by ライアン at 00:00| Comment(3) | TrackBack(2) | WORLD CUP 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イングランド 決勝進出 嬉しいでね、
そして ルーの復帰も!!
ほっと しました。
後は 日本にも 頑張って欲しいですね。

ビクトリア夫人も いつも 写真に撮られて 大変ですよね、ベッカムの お母さんや 妹さんの写真も ありましたね。
Posted by ユリ at 2006年06月16日 19:14
祝!ルーニー復帰^^
いやぁ〜!こんなに早くルーニーがピッチに駆け回る姿が見れるなんて思わなかったですね^^うれしい限りです!
それにしても、レノン!やっぱ凄かったですよね^^
Posted by IZU at 2006年06月16日 20:47
ユリさん、

ルーニー復帰は全世界に朗報!って感じがします。
イングランドは決勝Tに進出したため、最低でもあと2試合も見れますからね。しっかりと目に焼き付けたいと思います。

ビクトリアの写真を見ると、『奥さんって強いなあ〜』って思わされてしまいます(汗)


IZUさん、

ルーニーはまだ実力の半分も出してないので、これからがもっと楽しみになりますね♪
レノンも同じく注目しましょう!
Posted by ライアン at 2006年06月19日 13:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19345839
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ルーニー復帰(イングランド vs トリニダード・トバコ)(6/15)
Excerpt: England v Trinidad Tob 5pm - Thursday 15th JuneFrankenstadion (Nuremberg) ニュルンベルク フランケンシュタ
Weblog: Simply
Tracked: 2006-06-16 19:15

ルーニー復帰(イングランド vs トリニダード・トバコ)(6/15)
Excerpt: England v Trinidad Tob 5pm - Thursday 15th JuneFrankenstadion (Nuremberg) ニュルンベルク フランケンシュタ
Weblog: Simply
Tracked: 2006-06-27 23:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。