2006年07月05日

ベスト4-1 review!!

7月4日(火)28:00 ドイツ 0-2 イタリア
【得点者】
ファビオ・グロッソ(延長後半14分)
アレッサンドロ・デル・ピエーロ(延長後半16分)

サッカー予想通りひらめき
やはりイタリアの壁は厚いパンチ
ドイツはアルゼンチン戦までが限界でした。ポドルスキ主体の攻撃陣では、強豪相手には正直迫力が無いですね。

この試合は互いに決定力を欠き、スコアレスで延長戦に突入ダッシュ(走り出すさま)
延長前半の後半あたりから、互いにPK合戦狙いを匂わせる試合展開バッド(下向き矢印)
「また、PK合戦かよっ!むかっ(怒り)
と今大会3回目となってしまう事に苛立ちを隠せないちっ(怒った顔)
最近の代表チームは点を獲って勝とうという意欲は無いのか?

そんな願いが通じたのか延長後半14分、イタリアのコーナーキックをドイツに一度クリアされるもピルロが巧く拾い、前線に上がっていたグロッソヘ丁寧なスルーパス目ぴかぴか(新しい)
なんとグロッソがそのスルーパスを驚きのダイレクトシュートサッカーダッシュ(走り出すさま)
さすがのレーマンもわずかに届かず、GOA〜Lexclamation×2exclamation×2
左利きのグロッソがドイツの右エリアにいたのは、ドイツの誤算でしょうね。
こういうレベルの高い試合では、ダイレクトの連携やダイレクトのシュートが勝利を呼びますねひらめき

歓喜のイタリア、落胆のドイツ。
まさに天国いい気分(温泉)と地獄モバQ、といった様子でした。

これでイタリアの勝ちは決定的のため、諦めムードとなってしまったドイツを、イタリアがさらに攻撃するパンチ

点が入り急に元気になったカンナバーロのインターセプトから、前線のジラルディーノへパスダッシュ(走り出すさま)
このボールをジラルディーノが巧くキープしシュートを打つと見せかけて、前線に上がってきたデルピエーロへナイスなパスぴかぴか(新しい)

お得意デルピエーロゾーンから右足で2点目!!!!!!


個人的に大好きなデルピエーロのダメ押しゴールでイタリアが勝利をおさめましたひらめき

ドイツはやはりフリングスの出場停止が痛かったようで・・・どんっ(衝撃)
逆にイタリアの中盤は役割がしっかりしていたパンチ
攻撃へのリンクマンはピルロ、相手の攻撃を真っ先に潰すのはガットゥーゾexclamation×2
これがよく機能していましたねひらめき
特にガットゥーゾの運動量は圧巻がく〜(落胆した顔)
間違い無くこの試合のMVPであり、決勝のキーマンとなる選手でしょう目

060705_01.jpg


さあ、今日はベスト4の2試合目、ポルトガル-フランスでするんるん

ポルトガルにはクリスティアーノ、フランスにはサハ・シルベストルとマンU所属選手がどちらもいるため、両方勝ち上がって欲しい気持ちでいっぱいですが、個人的には組織力・個人能力が共に高いフランスが勝ち上がると思います目ぴかぴか(新しい)

ポルトガルは、ブラジルでも崩せなかったサニョル・ギャラス・テュラム・アビタルのディフェンスラインを崩すのに、かなりの工夫が必要となるでしょうパンチ
そういった意味でも、ポルトガルはクリの出来にかかっている気がします。

この試合も楽しみですねるんるん


img_10_11834.gif ←今、何位かな?
posted by ライアン at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | WORLD CUP 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ^^
ドイツ×イタリアの試合は正直あまりおもしろくなくて・・・途中少し寝てしまいましたw
ピルロのパスは絶妙でしたね!!デルピのゴールもたまりませんでした☆
フランスは是非サハに得点してもらいたいですね^o^
Posted by ノラジロー at 2006年07月05日 11:58
ノラジローさん、

実は私も後半から観ました(汗)
しかし、後半は見ごたえあったんで、前半が面白くないんですかね!?

デルピエーロのゴールより、グロッソのゴールの方が価値があるはずなんですが、何故かニュースはデルピエーロ一色ですね!
カリスマ性があるんだなあ〜。

私もサハを応援します!
頑張れ〜!!
Posted by ライアン at 2006年07月05日 12:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。